RoHS・ELV

RoHS分析

RoHS指令とは、欧州連合(EU)において、2003年2月13日に公布され、2006年7月1日より施行された、電気・電子製品での特定有害物質使用を制限する指令です。 電気・電子製品に含まれる鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、 PBB(ポリ臭化ビフェ二ール)、PBDE (ポリ臭化ジフェニルエーテル)の6種類の物質の使用が制限されています。

また、改正RoHSではフタル酸エステル類4種(DEHP,DBP,BBP,DIBP)が追加となり、トータル10物質が規制となりました。

当社では、精度の良い前処理・測定を行い、迅速な分析をお引き受けいたします。

RoHS分析には、次のような前処理、分析方法があります。

対象物質 測定対象試料の種類
ポリマー 金 属 電子部品
化学前処理 ・マイクロ波酸分解
・酸分解
・乾式灰化
・溶媒抽出
・マイクロ波酸分解
・酸分解
・マイクロ波酸分解
・酸分解
・溶媒抽出
Hg CV-AAS
Pb/Cd/Cr ICP、ICP-MS、AAS
PBB
PBDE
・燃焼/IC法
・GC-MS
適用外 ・燃焼/IC法
・GC-MS
Cr6+ アルカリ分解/比色法 温水抽出法 アルカリ分解/比色法

分析事例

樹脂中のCdPbの分析

  ・樹脂試料を粉砕し、乾式灰化します
  ・灰化後の残渣を酸分解し、ICP質量分析装置を用いて測定します。

フェライト中のCr6+の分析

  ・粉末状試料を温水抽出します
  ・ろ過後、ジフェニルカルバジド吸光光度法にて測定します